FAQ
よくあるご質問

K-TOR ポータブル発電機についてよく寄せられるご質問をご紹介しています。
よくある質問で解決しなかった場合は、お問合せフォームよりお問い合わせください。

お問い合せ

 

下記の質問事項の『 タイトル 』をクリックすると回答詳細をご覧頂けます。

+ Q:開発者は、どんな人?経歴は?

ケーターの創業社長兼開発者 ケネス・トリノは、技術者として30年以上の経
験を持ち、IBMの元エグゼクティブディレクターであり電気技師です。

開発のキッカケは、彼が自然災害や電力不足のため、世界の多くの地域の困難
や苦しみの報道を目にし、彼自身も携帯電話の電池切れによる不便を何度も体
験していたからです。

2005年当時、これらの電力の問題を簡単に確実に解決できる製品を見つけられ
ず、退職後に自身で開発しようと決心していました。

2007年末にIBMを退社し、『燃料資源や環境に左右されないグリーンパワー発電
で世界のすべての人々に電力を提供する』をコンセプトに2008年からポータブ
ル人力発電機の開発を開始しました。

■誕生■
米国 ニューヨーク市で生まれ育ちました

■高校■
ニューヨーク市 ストイフェサント高校
(数学と科学を専門とする高く評価されていた入学試験のある公立高校)

■大学■
コーネル大学 電気工学分野の学士学位と修士学位を取得
(トップユニバーシティの一つ)

■職歴■
産業用モーターと制御装置を制作するリライアンス電気会社で働いた後、
IBMのテクノロジー部門へ入社、30年間勤め、エグゼクティブディレクターまで昇進

2007年末  IBMを退社

2008年   K-TORを創業しポータブル人力発電機の開発に着手

2010年11月 特許出願(2013年公開)
2011年   製品を発売(シリーズ第1号 ポケットソケット)

+ Q:どのように動作しますか?

ポケットソケットのハンドル」または「パワーボックスのペダル」を回転させることで電力を生成する装置内部の発電機が駆動します。
この電力はDC120ボルト、家庭用コンセントと同じ電圧に電子的に変換されます。

+ Q:電池が空になった携帯電話でも充電できますか?

ケーター発電機なら、電池が空の携帯電話も数分で使えるようになります。

世界には様々な手回し充電器や発電機内蔵のラジオや懐中電灯、モバイルバッテリーなどがあります。
それなりに機能しますが、生産コストなどの理由から携帯電話やタブレットのような大きめの機器には適さないような非常に小さな発電機しか内蔵 されていません。

こうした発電機能をもった機器は、たいてい小さな内蔵バッテリーがついており、通常はコンセントやUSBで充電をして使用することを推奨して います。
発電機が小さすぎて十分な発電能力が無いためです。

実際、このような発電機は、小さすぎて空になった内蔵バッテリーを満タンにすることもできず、電池が空の携帯電話を充電できるほどの発電能力 が無いものが数多くあります。

ケーター発電機は、電池が空になった携帯電話やモバイルバッテリーでも充電することができ、その点が、有事の際に役立つ製品である理由です。

+ Q:他の手回し充電器と比較して安全という理由は何ですか?

ケーター発電機は、同種の製品の中で最も安全な発電機を目標として開発されています。
ケーターは、2011年からの3年間で世界中に17,000台を販売し、あらゆる環境や様々な機器を接続し使用されています。問題が起きたことは一度もありません。

携帯電話に充電プラグを直接つなぐタイプの手回し充電器の中には、プラグ形状をたくさん用意して汎用性をうたうものがありますが、純正でない プラグを使用しバッテリーや携帯電話が破損したケースがたくさんあります。
また世界には膨大な種類のバッテリーや電子機器があり、それらに対して汎用性をもたせプラグを揃えるのはほとんど不可能です。

そのような状況において、最も安全で製品と相性のよい充電方法は、充電対象の電子機器(またはバッテリー)用に設計された純正のACアダプタ を使用する方法です。

このことから、ケーター発電機は、他の手法(様々なプラグ形状を用意したり、USBに限定したり)ではなく、接続する製品に最も適した電力を供給する為にACアダプタを通す仕様を採用いたしました。

これが、ケーター発電機が高い汎用性をもち、最も安全な装置であるという証明です。

+ Q:電子機器を使用するには、どのくらい回転させる必要がありますか?

ケーター発電機は、家庭用コンセントと同程度の速度で充電することができます。
ポケットソケットは、毎秒2回転。パワーボックスは、毎秒1.5回転の速度で回転させてください。
各電子機器の充電速度は、電池残量や状況により異なります。

+ Q:充電している間、接続している携帯電話や電子機器などを使用できますか?

使用できます。壁のコンセントに差し込みながらデバイスを使用するのと同様に使用することができます。

+ Q:どのような電子機器やその充電器などで使用できますか?

ケーター発電機は、ほぼすべての充電器と互換性があります。

アップル社製 iPhone、iPodを含む全ての携帯電話をはじめ、従来のポータブル発電機では対応できなかったUSB充電のできない 充電式電池、タブレット、照明、ラジオ、カメラ、GPS、無線機や衛生電話(イリジウム衛星電話9505A)などの通信機器といったACアダプター(AC-DCのスイッチング電源)を使用するほとんどの充電可能なモバイル電子機器(入力電力10ワット未満の小型電子機器)、および60ワット相当の電球型蛍光灯で正常に動作しています。

ポケットソケット」は、ACアダプターの出力合計10ワットまで使用できます。
パワーボックス」 は、ACアダプターの出力合計20ワットまで使用できます。

———————————
■対応している電子機器の見分け方■
———————————

お持ちの電子機器に付属しているACアダプターの「INPUT・OUTPUT」または「定格入力・定格出力」欄をご確認ください。

「INPUT」または「定格入力」欄は、一般的なモバイル機器の様に『 定格入力:AC100-240V 50/60Hz 』などと記載された製品は問題なくご使用いただけます。

「OUTPUT」または「定格出力」欄では、電力(ワット)を確認します。
出力が10ワット未満までポケットソケットで使用可能です。
10ワット以上、20ワット未満の場合は、パワーボックスで使用可能です。

ワットの計算方法は、電圧<V>×電流<Aアンペア>=電力<W>です。

【 例 】

出力:DC 5.2V 800mA の場合 4.16ワット
出力:DC 5.0V 1A   の場合 5ワット
出力:DC 12V  500mA の場合 6ワット
出力:DC 5.2V 800mA を3台同時に接続する場合 12.48ワット

【 ACアダプター 表記 具体例 】

 

互換性 参考一覧

 

—————————————————————–
エネループ充電器 SANYO NC-TGR03
INPUT :AC100-240V
OUTPUT:DC1.2V 2,260mA(単3形×4本時)←(2.7ワット=1.2×2.26)
—————————————————————–
携帯電話 ソフトバンクモバイル株式会社 機体:002P
ACアダプター
定格入力:INPUT:AC100V-240V 0.12A
定格出力:OUTPUT:DC5.4V 700mA ←(3.78ワット=5.4×0.7)
—————————————————————–

※すべての電子機器への充電を保証するものではありません。
※ノートPCなど正弦波を必要とする電子機器では、正常に動作しません。
※ACアダプターのほとんどがスイッチング電源式で使用可能ですが、精密電子機器や楽器などに使用されるトランス式(一般的に重く大きいアダプター)、AC専用アダプターはご使用いただけません。

ご不明な場合は、お問い合わせをいただくか、使用して試してみてください。
数秒間一定速度で回転させ接続した電子機器が充電状態になることを確認してください。充電が開始されない場合、抵抗が強く回転し難い場合は、無理に回転させると電子機器や製品が損傷する可能性があります。ご使用を停止してください。

+ Q:互換性のないACアダプタを間違えて接続した場合は、どうなりますか?

万一、誤って不適切な電子機器をケーターに接続した場合でも、安全性に問題はありません。

互換性のない機器をつなげた場合、発電機の回転が軽く空回りしたり、逆に重すぎて回転しにくいなど発電しない仕組みですので、意図的や無理に 使用し続けない限り、ACアダプタおよび接続した機器が故障することはありません。安心安全にご使用いただけます。

また発電機を数回回転させることで『正常に発電していない』ということにすぐに気がつきますので、その際は無理に稼働させず使用を停止してく ださい。接続した機器側に安全上の問題や危険は起こりません。

+ Q:ノートPCやデスクトップPC、テレビなどに使用できますか?

ケーター発電機は、単体でそれらに使用する事ができません。
正弦波が必要な電子機器や使用電力の大きな機器は、ディープサイクルバッテリー、充電器、インバーター類を併用する事で使用可能です。

バーテリーへの蓄電は、継続的な発電を楽におこなえるパワーボックスをおすすめいたします。

+ Q:ACアダプタとは、充電器の事ですか?

ACアダプタ = 充電器ではありませんが、充電器にもACアダプタは使われてます。
ACアダプタとは、壁のコンセント等からのAC(交流)電源を、使用する機器が必要とする電圧に変換して出力する物です。

一般には、AC(交流)電源をDC(直流)に変換して出力するAC-DCアダプタのことですが、交流のまま出力するAC-ACアダプタもまと めてACアダプタと呼ばれます。

一般的な携帯電話やスマートフォンなど、ほとんどの小電力電子機器で使用されるACアダプタは、小型軽量のAC-DCアダプタ(スイッチング 電源という種類の定格入力:AC100-240V 50/60Hz 出力:DC)です。

ケーターポータブル発電機に接続可能なACアダプタは、この一般的なAC-DCアダプタ(スイッチング電源で定格入力:AC100-240V 50/60Hz 出力:DC)です。

+ Q:なぜ出力がDC(直流)なのですか?

携帯電話などの電子機器自体は元々DC(直流)仕様で稼働します。
そのため、人間の力で発電した電力を小型軽量のまま、ACからDCに変換する際のロスを減らし、より効率よく有効利用するためです。
また、一般的に普及しているACアダプタ(AC-DC変換のスイッチング電源)は、ケーターのDC120Vを入力しても機能する構造であるか らです。

+ Q:なぜDC(直流)でACアダプタが機能するのですか?

ケーターの発電機は、出力する電力をDC120VにすることでACアダプタの特性を活かし、正常に携帯電話などのポータブル電子機器を充電す ることができます。
というのは、携帯電話などの電子機器自体が元々DC(直流)仕様だからです。

従来、壁のコンセントは、AC(交流)100VでこれをACアダプタに取り込み、それをフルブリッジ整流器を介してDC(直流)電流に変換 後、電子機器に必要なレベルまで電圧を下げています。

ケーター発電機は、フルブリッジ整流器を通過させたDC120V電流をACアダプタに供給し、通電するとAC/DC変換回路を通り、電子機器 に必要な電圧に変換されたDC電流となって電子機器に供給されるのです。

この機能は、優れたソリューションですが革新的な種類のものであり、多くの方が、この技術にまだ慣れておらず認知いただくまでに時間がかかる と思われますが、危険も安全性に対する懸念もありません。

※※※
ACアダプタのほとんどは、ACをDCに変換するスイッチング電源と呼ばれ、1990年代以降の近年では、スイッチング電源が主流になっています。
従来のACACアダプタに比べ、小型化軽量で電力変換効率も高いのが特徴です。

+ Q:ACアダプタを介さない機器でも使用できますか?

多くの電子機器は、壁のコンセントのAC電源からアダプターなどを介してDC(直流)に変換され稼働しているため、直流で稼働する機器に対しては、許容電力の範囲内でご使用いただけますが、間違った使用方法で接続した機器を保護するために、発電機側が故障する可能性があります。
このためACアダプタを介さない機器へのご使用は、製品保証対象外となります。

直流で稼働する機器の実験的な用途でご使用の場合は、電気知識に詳しい方立ち会いのもとで自己責任にて実施してください。

また、一部のAC(交流)専用の機器に対しては、当発電機はご使用になれません。
例えば、テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、アイロン、ドライヤーなどの家電製品は、直接の互換性はありません。

AC(交流)専用機器や許容電力以上の機器でのご利用をお考えの場合は、蓄電池とインバーターを併用することでご使用いただけます。

+ Q:使用時に危険はありませんか?

危険はありません。当発電機は、互換性のある機器を接続し回転させた時に発電します。
製品を濡らしたり、発電中に細工をするなど意図的に感電しようと努力しない限り感電や出火する事もありません。

さらに人が動かしている時だけ発電し、動かない時には電気は発生しません。つまり電気を供給する時は、いつも人に監視されているということになり、そのことが高い安全性につながっています。

しかしながら、安全のため、以下の点に注意してください。

・製品を濡らしたり、濡れた手や足で発電しない
・高温多湿をさけて保管
・ソケットにプラグ以外のものを差し込む(特に裸線やむき出しの金属)
・過負荷をかけない
・分解、改造をしない

+ Q:USBプラグでの接続はできますか?

はい、ご使用頂けます。USB出力用の変換アダプターを併用してください。
変換アダプターは、多くの場合お使いの電子機器に付属しているか、家電量販店などで安価に入手可能です。

+ Q:ケーター(K-TOR®)発電機は、どのくらい使用できますか?

ケーター製品は、高品質で耐久性の高い材料で構成されており、通常の使用で数年間使用できるよう設計・製造されています。
製品の保証期間は、ご購入日より1年間です。
保証期間終了後の修理、部品交換は、有償にて行っております。
ケーター製品は、効率的に動作し、長い年月性能が持続するように設計されています。

+ Q:ケーター(K-TOR®)発電機は、航空機に持ち込むことができますか?

はい。一般的な電子機器と同様の手荷物検査を通過する必要がありますが、製品に危険なものは含まれていません。

※航空会社、国によって対応が異なる場合があります。特にパワーボックスは、ポケットソケットと比べ重量とサイズが大きくなります。事前に手荷物検査について航空会社にお問い合せされると確実です。

+ Q:ケーター(K-TOR®)製品は、どこで製造されていますか?

ケーター製品は、バーモント州 コルチェスターに拠点を置き、その高品質の製品は米国で設計・製造されています。
また、お客様に優れた製品を提供するために50%以上のアメリカ製部品と共に世界中から最高の部品を調達しています。

+ Q:電力はどうやって発電しますか? 再生可能エネルギーですか?

ケーター発電機は、環境にやさしい再生可能エネルギーの人力発電です。
ポケットソケットは腕、パワーボックスは腕や足を使用することにより、電気エネルギーに変換します。
燃料資源や天候などのあらゆる状況に影響されることなく、電力を必要としたときに、既存の燃料資源、風力や太陽光技術を補完する代替エネルギーとして持続的にグリーン電力を提供することができます。

+ Q:電力を蓄電する事はできますか?

ケーター発電機は、内蔵バッテリーをもたず製品に電力を蓄電する事はできませんが、外部のバッテリーに接続し充電する事ができます。
また内蔵バッテリーを持たない本機は、長期間の保存や使用した際のバッテリー劣化による製品の損傷や能力低下が無く、機能を発電に絞った結果、より効率的にパワフルな発電を実現しています。
内蔵バッテリー式のポータブル発電機のように劣化やバッテリー液漏れなどの心配が無く、電池が放電しきったり、電池の寿命で使用できなくなることもありません。
ケーター ポータブル発電機は、災害対策備蓄など長期の保存にも適しています。

+ Q:製品の保証期間は?

お買い上げ日より1年間です。
初期不良の場合、修理または交換にて対応させていただきます。
この製品は、耐久性の高い材料で製造されています。正常なご使用方法であれば長年ご愛用いただけるよう設計・製造しております。
万が一欠陥がございましたら当社へご連絡ください。内容を確認後、手続きをご案内させていただきます。

【ご注意ください】
日本正規品のK-TOR 製品は、シリアルナンバーで管理された弊社発行の保証書が添付されております。
並行輸入として販売されている非正規品は、日本国内での保証・修理などサポートをお受け頂けません。
また極端に低価格な場合、模倣品、不具合品、詐欺なども考えられます。並行輸入販売および模倣品にご注意頂き、正規品をお買い求めください。

※注釈※
一般の方々に対して、わかりやすい解説・表現に努めております。
専門的知識をお持ちの方などより詳しく知りたい方は、該当部分と具体的な質問内容を添えてご質問ください。